ブログ

入院について&フルートを吹くための体づくり♪

昨日2019年5月7日のインスタで公表しましたが、
4月22日~5月7日まで代表・奥森は入院していました。

これは、急なことではなく、
実は2017年12月に発覚して手術の可能性があることが分かり、
約1年と5か月かけて準備してきました。

様々なことを想定して、
まずは、2018年4月から絵美先生に癒音工房でのレッスン講師に加わっていただき、
私が居なくても教室では朝子先生と絵美先生でレッスンがおこなわれるように。
退院後の体力回復のために、入院直前までトレーニングジムに通って体を鍛える。
響子先生の担当の生徒さんには4か月前から告知して、
レッスン調整をしていただきました。

朝子先生も絵美先生も
「私たちのレッスンはお任せください!なにか手伝えることがあれば言ってください!」
と言ってくださり
大変心強く、本当に安心して治療に専念できました。
ありがとうございます。

しかし、当初は1週間のはずが、入院延長。。。
入院期間が2週間超えることと、体が思った以上に動けないのは想定外、、、
長いGWを利用したとはいえ、あまりに開きすぎるため、
急遽、今日は朝子先生が代講レッスンをしてくださいます!
(本当にありがとうございます。。。)

長くなりました。
表題の「jccaベーシックインストラクター」
これは、日本コアディショニング協会が主催する
『ストレッチポール』を使った、体の筋肉などを緩める講座で、
その一番下のインストラクターの資格を、実は4月の頭に取得いたしました。

もともと、ストレッチポール自体は知っていて持っていたのですが、
本格的に学びたいと思ったのは、
フルートの大人生徒さんたちの体の痛みや息を吸いにくい等、
体の不調をなんとか和らぐことができないか????
と思ったのがきっかけ、プラス、自分のリハビリにも使える!と思ったからです♪

本当はベーシックの上の資格も取得したいところですが、
それは、私の体が正常に戻ってから、徐々に講座を受けて取りたいと思います。

音楽教室 癒音工房は、あくまでも
ピアノとフルート教室です(笑)

ストレッチポールだけのレッスンはおこないません。

フルートを吹くための体づくりや、
ピアノを弾くための体を整えるために、
『大人の生徒さん』に使用します。
※お子さんのレッスンではしません。

私、顔は元気な笑顔ですが、
残念ながら体はまだ正常ではありません。
しばらく、ゆっくりペースな動きになり、
レッスン回数も生徒さんによっては減らしていただくことがあります。
(健全な時の1日10名超えるレッスンなど、しばらくできません。。。)

皆様方には、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
体調回復をまずは重視しながらレッスンをさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

音楽教室癒音工房 代表 奥森響子

 

お問い合わせはこちら✍️

『LINE@』では、1:1トークで個別に相談やお問合せなどがおこなえます♪

『インスタ』 教室の様子やレッスン風景、講師の演奏動画などが楽しめます♪

『Facebook』 緊急連絡(災害など)など、いち早く掲載いたします♪